マンション経営で大事になってくることは!

何処に作るのかということ

土地があってもそこにマンションを建てることが必ずしもよいわけではないです。あくまで重要であるのは人気があるところ、しっかりと住むことに関しての需要があるのが大事になります。それをよく理解しておきますと失敗の可能性をとても下げることができるようになります。土地があってもそこに人が住みたいと思わないのであれば売ってしまって、別の所を買う、というのもありです。それも一つの選択肢ですから、覚えておくと良いでしょう。

貸す相手を吟味すること

マンション経営で大事なことは貸す相手を吟味することになります。誰でも良いから貸してよいわけではない、ということになります。つまりは、安定的であり、非常に良い店子である必要があります。そうしないと後で苦労することになります。貸すことによって様々な義務が発生しますし、更には相手には権利が発生してしまうからです。そこが難しいことになりますから、良い人を見つけることがマンション経営にとっては大事になります。

建て直しなどを意識すること

ずっとお金を生み出し続けてくれるかどうか、というのはマンション次第ではありますがそれでもいつかは最後がくることになります。それが建て直しであり、マンション次第ではありますが新築であろうとも40年程度が限界でしょう。それをよく理解しておいて、積立金をするようにしておくとよいでしょう。管理費などは店子から徴収できますが建て直しの積立金などは自力で家賃収入の中から確保するしかないのです。これを実行する必要があるわけです。

マンション経営のテクニックをつかむうえで、それぞれの物件の利回りや空室率などをチェックすることが肝心です。